セサミンと定期的な運動でダイエットにも効果

セサミンと定期的な運動でダイエットにも効果

食生活や生活習慣の変化によって、肥満やメタボリック症候群に悩む人が増えている現代では、美容はもちろんのこと、健康のためにダイエットを始めようと考えている人が多いようです。
しかし、食事制限や過度の運動によるダイエットはリバウンドをする可能性が高いため、一時的に痩せることはできても、痩せた体型を維持することはとても難しいものです。
そこで注目をされているのがセサミンによるダイエット効果です。

しかし、セサミンの原料となるゴマは半数以上が脂質からできていますし、ダイエットとは無縁であるような気もしませんか?
脂肪を減らす働きのある主な成分には、セサミン、ポリフェノール、オレイン酸、リノール酸などがあり、ゴマを構成している脂質には、オレイン酸やリノール酸が含まれています。
肥満やメタボになる原因には、血中の悪玉コレステロールが増えることが関係をしていると考えられていますが、ゴマに含まれているオレイン酸には、悪玉コレステロールの数のみを減らすという特徴があるため、肥満やメタボの症状を改善する高い効果が期待できるのです。

リノール酸もオレイン酸と同様に悪玉コレステロールの数を減らす働きをおこなうのですが、過度に摂取をすると、善玉コレステロールの数まで減らして、酸化をすることでガン細胞を発生させたりアレルギー症状を引き起こしたりすることがわかっているので注意が必要です。
また、セサミンには活性酸素の発生を抑えて、血中の悪玉コレステロールの数を減らす働きがあることがわかっていますし、肝臓内のペルオキシソーム(細胞内の小器官)の働きを活性化させて脂質代謝を高めることもわかっています。
これらのことから、ゴマに含まれるセサミン、オレイン酸、リノール酸などには、肥満やメタボの症状を改善する高い効果があることがわかりますが、だからと言って、ゴマやセサミンを摂取するだけで自然と痩せることができるというわけではありません。
過度な運動や食事制限は必要ありませんが、食べ過ぎていてはもちろん効果は期待できませんし、ペルキシソームの脂肪を燃焼させる働きは、運動をおこなっている時や饑餓状態にある時に活発に働くので、適度な食事制限と軽い運動は必要になるのです。

トップに戻る