根拠

セサミンの成分って何?

セサミンについて調べていると「ゴマリグナン」という名前をよく目にします。
ゴマリグナンとは、植物の根や茎、種子に含まれるリグナンという成分の一種で、ゴマに最も多く含まれている成分であることから、主にゴマリグナンと呼ばれています。
セサミンはいくつかあるゴマリグナン類の一種であり、セサミンの持つ効果はゴマリグナンの特性によって現れるため、セサミンを語るうえで、ゴマリグナンは欠かすことのできない成分なのです。

ゴマに含まれているゴマリグナンには、セサミン、セサモリン、セサミノール、セサモール、エビセサミンなどの種類があり、ゴマ1粒に対して、セサミンは0.5%、セサモリンは0.3%、セサミノールが0.08%ほどしか含まれておらず、ゴマリグナン類をすべて合わせても全体のわずか1%程度しか含まれていません。
ゴマ1粒に少量しか含まれていないゴマリグナンがこれほどに注目を浴びている一番の理由は、ゴマリグナンには高い抗酸化作用があるからです。
他の油と比べてごま油の酸化が少ないのは、ゴマに含まれているゴマリグナンの働きによるものだと考えられており、セサミンの効果が発見をされたきっかけも、ごま油が酸化をしづらいという特性を発見したことにありました。
老化やガン、生活習慣病などは、活性酸素が細胞を酸化させることが原因となって起こると言われていますが、ゴマリグナンには、活性酸素を除去する高い抗酸化作用があるため、これらの病気の発症を抑える効果があると考えられています。

さらに、活性酸素の多くは肝臓から発生をしていると言われているのですが、ほとんどの抗酸化物質は、肝臓に到達をする前に活性酸素と戦って力を使い果たしてしまうため、肝臓に到達をする頃には大量の活性酸素と戦う力が残されていません。
しかし、ゴマリグナンは、肝臓に到達をしてから抗酸化物質となる特徴があるため、他の抗酸化物質よりも高い抗酸化作用を発揮することができるのです。
このように高い抗酸化作用を期待することのできるゴマリグナンですが、ゴマに含まれているゴマリグナンの約50%はセサミンから構成をされていますから、ゴマリグナンの効果=セサミンの効果と言っても過言ではないのです。

Copyright(C) 2013 ゴマの力で元気に All Rights Reserved.