高齢者でもセサミン飲んでも大丈夫?

高齢者でもセサミン飲んでも大丈夫?

セサミンがおこなう最も重要な働きが抗酸化作用です。
抗酸化作用とは、その名前の通り酸化を防ぐ作用のことを言います。
酸化が起こる身近な例は、鉄が酸素によって酸化をして錆びることですが、人間の体も鉄と同じように酸化をして、それが老化に繋がると考えられています。

人間の体は約60兆個もの細胞から構成をされていると言われていますが、活性酸素の働きによって酸化をした細胞は、本来の機能を失って臓器の働きを鈍らせるため、肌のハリや艶がなくなったり、疲れが溜まりやすくなって、病気にかかりやすくなったりするなどの老化の症状が現れます。
セサミンのおこなう抗酸化作用には、主に肝臓の中に存在をする活性酸素の働きを抑制して、細胞が酸化をすることを防ぐ働きをおこなっているため、老化防止の効果を期待することができるのです。
本来、人間には活性酸素を退治する抗酸化物質を作り出す力が備わっているのですが、この抗酸化物質は、年齢を重ねるごとに減っていく傾向があり、40歳を境に急激に減少をすると言われています。

そのため、老化を防止http://www.rakugaki110ban.jp/anntieijinngu.htmlするためには、セサミンのように外部から抗酸化物質を摂り入れて、細胞の酸化を防止する必要があり、セサミンは40歳以上の中高年にとくに摂取をしてもらいたい成分だと言われているのです。
ただ、高齢者がセサミンを摂取する場合は注意をしなければならない点もあります。
年齢が高くなるにつれて体に不調を感じることが多くなるため、血糖値を下げる薬や血圧を下げる薬などのさまざまな薬を日常的に服用している人が多く、服用をしている薬とセサミンとの相性が悪い場合に、副作用が起こる可能性が考えられます。

また、セサミンは薬ではなく健康食品であるため、基本的には健康な体の人を対象に作られています。
そのため、セサミンの成分が凝縮をして含有をされているサプリメントを免疫機能が低下をしている高齢者が摂取することで、 セサミンの作用が必要以上に働いて副作用を起こす可能性も考えられます。
そのため、高齢者がセサミンを摂取する場合には、病院の担当医に相談をして、問題がないことを確認してから摂取をするようにしましょう。

トップに戻る