疲労回復に効果があるセサミン

疲労回復に効果があるセサミン

セサミンがもたらす効果として有名なのは、老化防止効果やガンや生活習慣病などの予防効果ですよね?
これらの効果は、セサミンが活性酸素の活動を抑制して細胞の酸化を防ぐという抗酸化作用を持っているためだと考えられています。
しかし、セサミンの抗酸化作用による効果はこればかりではなく、疲労回復にも効果を発揮することがわかっています。

抗酸化作用と疲労回復が結びつかないと考える人もいるかもしれませんが、この2つの関係は、セサミンが抗酸化作用を発揮する場所について知ると納得をすることができます。
細胞を酸化させる働きのある活性酸素は、肝臓で最も多く発生をしており、体全体で発生をする約60%以上の活性酸素が肝臓から発生をしています。
しかし、活性酸素を攻撃する抗酸化物質のほとんどは、肝臓に届く前に多くの活性酸素と戦って力が弱まっているため、肝臓に到着をした頃には本来持っている力を発揮することができなくなっています。

セサミンには、肝臓に届いてから抗酸化作用のある物質に変化をするという特徴があるため、本来持っている力を存分に発揮することができるのです。
肝臓は「肝心」という言葉があるほど、人間が生命を維持するために重要な臓器だと言われており、老廃物やアルコールなどの有害物質を無毒化させたり、有害な物資を尿によって体外に排出したりするほか、口から摂取をした栄養素をエネルギーに変換する働きなどをおこなっています。
人は、仕事や運動、食生活やストレスなどのさまざまなことが原因となって、老廃物や有害物質が体内に蓄積をした時に疲れを感じます。
肝臓が正常に働いている時は、老廃物や有害物質を分解して尿素として排出をすることができるため、疲れを感じずに済みますが、活性酸素の働きによって肝臓が正常に働かなくなると、蓄積をした老廃物が脳の中枢神経を刺激して疲れを感じるようになるのです。
そのため、セサミンによって活性酸素の働きを抑制して、肝臓の機能を正常に働かせることが、疲労回復につながると考えられているのです。
セサミンはゴマに含まれているので食事からの摂取もできますので、効率良くセサミンが摂れるゴマ料理を食べるのも良いですが、ゴマ一粒に含まれている割合はほんのわずかなのでサプリメントで摂取すると良いでしょう。
セサミンの効果的な飲み方についてはこちらのサイトに詳しくかかれていますのでご覧ください。

トップに戻る