お酒をたしなむ生活にセサミン

お酒が好きな人は多いですが、それが健康にとって必ずしも良いとは言えないことも確かです。
セサミンは、お酒が健康に与える悪影響を、多少なりとも和らげてくれる働きを持っています。

お酒がなぜ肝臓に良くないのか

お酒は少量ならば血行を促進させ、体にとって良い影響をもたらすとされています。
ただ、一定量を超えると肝機能低下の原因となり、体に悪影響を与えてしまうのです。
肝臓でアルコールが分解される際には、活性酸素が発生します。
この活性酸素によって肝細胞が破壊されてしまうことが、肝機能低下の原因です。
実際、お酒を飲んだ後は血中のγ-GTPの数値が上昇し、肝細胞が破壊されていることが確認できます。
また、活性酸素は脂肪肝の原因にもなります。
肝臓の脂肪分が活性酸素と結びつくことによって過酸化脂質となることで、肝細胞が破壊されていくのが脂肪肝だからです。
お酒が好きな人はアルコール分解によって多くの活性酸素が発生するため、脂肪肝になりやすいとされているのです。

セサミンが肝機能を整える

セサミンは、お酒による肝機能へのダメージを緩和してくれる働きがあります。
具体的には抗酸化作用によって肝細胞へのダメージを抑えることで、肝機能の低下を防いでくれるのです。
まず、活性酸素が肝細胞に与えるダメージを緩和できます。
また、活性酸素の働きで生じる過酸化脂質の生成を減らすことで、脂肪肝を防止してくれるというわけです。
もちろん、肝細胞の破壊を完全に防げるというわけではありません。
ただ、肝臓は半分を切り取っても元通りになるくらい、再生力の強い臓器です。
活性酸素が原因で起きる肝細胞へのダメージをある程度緩和できれば、あとは自然治癒力によって徐々に元通りになり、肝機能が整ってくれるのです。

セサミンはお酒が好きな人にとっては欠かせない成分だといえますが、常識はずれな量を飲むとセサミンでもカバーしきれません。
お酒が好きでも、量に気をつけて飲むようにしましょう。

トップに戻る