多忙な時にもセサミン

仕事が多忙なときには、セサミンのようなサプリメントを摂取することまで考えが及ばないことも多いでしょう。
実はそんな多忙なときこそ、セサミンを摂取してほしいときでもあるのです。

多忙だと肝機能が低下する?

実は多忙であることは、肝機能を低下させる原因になり得るのです。
多忙な時期には、どうしてもストレスがたまってしまいます。
ストレスがたまると、体内で活性酸素という物質が生成されます。
これが肝機能を低下させる原因なのです。

活性酸素は体内に入ってきた病原菌を退治してくれるなど、免疫力をアップさせる働きがあります。
ただ、増えすぎると健康な細胞を傷つけて劣化させてしまう、困った面もあるのです。
活性酸素が肝細胞を傷つけると、機能低下の原因となるのです。

また、肝機能を低下させる疾患のひとつに脂肪肝がありますが、脂肪肝は肝臓に脂肪分が蓄積されるだけで起きるわけではありません。
肝臓内の脂肪が活性酸素によって過酸化脂質となり、肝細胞を破壊していくことによって起きるのです。

セサミンの抗酸化作用が威力を発揮!

セサミンには抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑えてくれるものです。
活性酸素の働きを抑えられれば、活性酸素によって肝細胞が傷つくことはなくなります。
また、過酸化脂質も生成されませんので、脂肪肝の防止にも役立ちます。
肝臓は半分を切り取っても元通りになるほど再生能力が強いので、肝細胞の破壊を防げれば再生能力によって機能回復を待つだけとなります。

同じ抗酸化物質でも、水溶性のものはなかなか肝臓まで届きにくいという特徴があります。
セサミンは脂溶性の抗酸化物質なので、肝臓まで届きやすいのがメリットです。
「肝臓のための抗酸化物質」と言っても過言ではないでしょう。
多忙なときは誰にでもありますし、ストレスから逃れるのは難しいでしょう。
それならばセサミンを摂取して、ストレスによって生じる活性酸素のダメージを少しでも和らげてやる方がいいのではないでしょうか。

トップに戻る