生活習慣病対策にセサミン

動脈硬化や高血圧といった生活習慣病は、悪化すると心筋梗塞をはじめとする命にかかわる疾患につながりかねない怖いものです。
生活習慣病をどうにかして予防したいものですが、セサミンは生活習慣病予防の助けになってくれるかもしれないのです。

肝機能低下が生活習慣病を招く

生活習慣病にはさまざまな原因がありますが、肝機能の低下も関係しています。
肝臓では脂肪酸の吸収を助ける胆汁酸が生成されていますが、胆汁酸の原料はLDLコレステロールなのです。
肝臓が活発に働いていれば、胆汁酸が盛んに生成されてLDLコレステロールが消費されるため、血中のLDLコレステロールの値は極度に上がることはありません。
ところが脂肪肝などによって肝機能がダウンすると、胆汁酸の生成量が減少するため、LDLコレステロールの消費量は減少します。
結果として、血中のLDLコレステロール値が上昇します。
このLDLコレステロールが血管に付着すれば動脈硬化の原因となります。
また、動脈硬化は血管内部を狭くしてしまうため、高血圧の原因になります。

セサミンの抗酸化作用で肝機能アップ

セサミンは肝機能をアップさせることで、血中のLDLコレステロール値を下げる働きがあります。
肝機能ダウンの原因である脂肪肝は、肝臓に脂肪分が蓄積されるだけで起きるわけではありません。
活性酸素が肝臓の脂肪分と結合して過酸化脂質となり、肝細胞を破壊することで起きるのです。
お酒が好きな人が脂肪肝になりやすいのは、アルコール分解の過程で活性酸素が生成されるためです。
セサミンには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
活性酸素の働きを抑えられればかさん脂質の生成量が減り、肝細胞が破壊されにくくなります。
肝臓は再生力が高いため、破壊を抑えられれば機能が徐々に回復していき、肝機能アップにつながります。
これによって胆汁酸の生成量がアップし、LDLコレステロールが消費されて生活習慣病になりにくくなるというわけです。

血中のLDLコレステロール値が高いのは、いろいろな意味で危険です。
生活習慣病予防のために、セサミンを摂取してみましょう。

トップに戻る