ビタミンCとセサミンの相乗効果

ビタミンCとセサミンは、ともに活性酸素の働きを抑える抗酸化物質です。
ただ、抗酸化作用を発揮してくれる部位に微妙な違いがあるため、一緒に摂取することで相乗効果が期待できるのです。

血中のLDLコレステロールを減らすセサミン

血流悪化の原因となる動脈硬化は、血管内の活性酸素によって酸化されたLDLコレステロールが血管内部を狭めてしまうことが原因で起こります。
予防のためには、血中のLDLコレステロールの値を下げることと、活性酸素の働きを抑えることが必要になります。
セサミンは、血中のLDLコレステロールの量を減らす方に役立ちます。
活性酸素による肝機能の低下は、LDLコレステロールが原料である胆汁酸の生成量減少につながり、血中のLDLコレステロールを増やす原因となってしまいます。
セサミンの抗酸化作用は主に肝臓で作用するため、活性酸素による肝機能低下を防げます。
これによって胆汁酸がしっかりと生成され、LDLコレステロールが使用されて血中の量が低下してくれるというわけです。

血管内で効果を発揮するビタミンC

ただ、それでも血中のLDLコレステロール値をゼロにすることはできません。
というか、ゼロにしてしまうとかえって体に悪いです。動脈硬化を防止するためには血管内のLDLコレステロールが活性酸素の影響を受けることを防ぐ必要がありますが、その効果を発揮してくれるのがビタミンCです。

ビタミンCを毎日、100ミリグラム摂取する人は、50ミリグラムしか摂取しない人に比べて心疾患で死亡するリスクが3分の1に低下してくれることが分かっています。
これは、ビタミンCの抗酸化作用が動脈硬化の防止につながり、そのことが心疾患による死亡率を下げているためです。

セサミンによって血中のLDLコレステロールを減らし、ビタミンCによってLDLコレステロールの酸化を防ぐことで、動脈硬化予防の相乗効果を発揮しているというわけです。
動脈硬化は脳梗塞や心疾患などにつながる怖い病気なので、予防のためにもぜひセサミンとビタミンCを併用しましょう。

トップに戻る