セサミンを効果的に摂取

セサミンが体に良いことは分かっていても、どうすれば効果的に摂取することができるのかについては知らないという人も多いのではないでしょうか。
セサミンの効果的な摂取法について、説明しましょう。

ゴマの殻は潰しておこう

まず知っておいてもらいたいのは、ゴマの殻をそのままにしておくと、セサミンは体内にうまく吸収されないということです。
ちょっと汚い話ですが、ゴマが入っている食べ物を摂取した次の日の大便に、ゴマ粒が消化されていない状態で含まれているのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。
つまり、ゴマは殻を潰していないと消化されず、せっかくのセサミンもほとんど吸収されなくなってしまうのです。
まずセサミンを摂取するためには、すりこぎなどでゴマを潰したうえで摂取するのがおすすめということになりそうです。

ゴマは脂肪分が多いことには注意

セサミンの1日の推奨摂取量は10ミリグラムで、摂取するためにはゴマ3000が必要になります。
ただ、ゴマ3000粒は9グラム、小さじ3杯程度なので、食べられない量ではありません。

問題は、ゴマに含まれている栄養素のうち半分は脂肪分なので、比較的カロリーが高いことです。
ゴマの脂肪分は善玉コレステロールが多いので、動脈硬化の原因になりにくくなっています。
ただ、カロリーが高く、ダイエットをしている人にとっては不安が残ってしまいます。
また、どんな脂肪分であっても、肝臓に蓄積されているうちに過酸化脂質になってしまう可能性があります。
ゴマの脂肪分の多さは、この点でも不安になります。
その点、サプリメントを使用すれば、脂肪分の摂取過剰の問題はクリアできます。
これならば安心してセサミンを摂取できるのではないでしょうか。

セサミンを摂取するなら食べ物からと言いたいところなのですが、実際には吸収率、脂肪分の摂取過剰など、なかなか難しいところがあるようです。
セサミンを効果的に摂取するためには、サプリメントを利用するのが最善の方法になりそうですね。

トップに戻る