セサミンの老化防止効果

年を取りたくないというのは誰もが願っていることでしょうが、現実には老化によって体のあちこちが衰えてしまいます。
老化による衰えを少しでも抑えられればうれしいところですが、セサミンにはそんな願いを叶えてくれそうな働きがあるのです。

老化の原因は活性酸素

老化の原因のひとつは、活性酸素といわれる物質です。
活性酸素は体内に入ってきた病原菌を退治してくれるなど、免疫力を高める重要な役割を持っています。
問題は、活性酸素は増えすぎると正常な細胞を酸化させ、劣化させてしまうことです。
皮膚の細胞が劣化すると張りを失ってシワができる原因となりますし、肝細胞が活性酸素によって破壊されると肝機能が低下するといった具合です。
老化による機能低下は、活性酸素によるところが大なのです。

肝機能の不調が活性酸素を増やす

実は体内にはグルタチオンという活性酸素を分解するための酵素があり、活性酸素の増え過ぎを防いでくれているのです。
ただ、グルタチオンがちゃんと効果を発揮するためには、肝臓が活発に働いている必要があるのです。
脂肪肝や肝炎などによって肝機能が低下すると、グルタチオンは本来の働きをすることができなくなり、活性酸素の分解が十分にできなくなります。
これによって体内の活性酸素が増え、細胞を傷つけて老化を促進させる結果になってしまうのです。

セサミンで肝機能をアップ!

セサミンは肝機能をアップさせることでグルタチオンの働きを高め、老化の原因である活性酸素の分解を助けているのです。
肝機能低下の原因である脂肪肝は、肝臓内の脂肪が活性酸素と結びつき、過酸化脂質になってしまうことで起こります。
セサミンには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えて過酸化脂質の生成を防ぎ、脂肪肝を予防してくれるのです。
これによって肝機能を正常な状態に保ち、活性酸素の分解を進めて老化防止に役立ってくれるのです。

肝機能の低下が老化につながっているなんて、知らなかった人も多いのではないでしょうか。
セサミンの摂取で肝臓をいたわり、アンチエイジングに励みましょう。

トップに戻る