セサミンの精神安定効果

セサミンに肝機能を安定させる効果があることを知っている人は多いでしょうが、精神を安定させる効果があることについては知らない人も多いのではないでしょうか。
セサミンが精神安定効果を発揮するメカニズムについて、説明していきましょう。

精神を不安定にするアンモニア

精神が不安定になってしまう原因は数多くありますが、そのうちのひとつが体内のアンモニアです。
アンモニアは体にとっては毒で、脳にダメージを与えてしまうことが分かっています。
脳にダメージを与えないようにするため、体内で発生したアンモニアは肝臓で分解されるようになっています。
脂肪肝などによって肝機能が低下すると、アンモニアの分解能力は低下してしまいます。
このアンモニアが脳にダメージを与えることで、精神が不安定になるというわけです。
実際、肝機能が極度に低下すると、アンモニアが脳にダメージを与えて肝性脳症になり、鬱病のような症状が出ることが分かっているのです。

セサミンの肝機能効果が精神安定につながる

セサミンは肝機能をアップさせることで、精神安定に役立っているのです。
肝機能低下の原因としては、活性酸素や脂肪肝などが考えられます。
セサミンには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えることで肝機能の低下を防いでくれるのです。
活性酸素には正常な細胞を傷つけて劣化させ、臓器の機能を低下させてしまう働きがあります。
セサミンによって活性酸素の働きを抑えられれば、肝細胞の損傷が防止でき、機能低下を防げます。

また、脂肪肝は肝臓に脂肪分がたまるだけ起きるものではありません。
肝臓内の脂肪分が活性酸素によって過酸化脂質になり、肝細胞が破壊されることで起きるのです。
セサミンの抗酸化作用は過酸化脂質の生成を抑えることにもつながり、脂肪肝の防止に役立ってくれるのです。
あとは肝臓の高い再生力によって、機能がアップしてくれるというわけです。

肝機能がアップすれば血中のアンモニア濃度が低下し、脳へのダメージが抑えられて精神安定につながります。
精神が不安定になっていると思ったら、セサミン摂取も効果があるかもしれませんね。

トップに戻る