セサミンの血行促進効果

セサミンは肝機能をアップさせてくれる働きがありますが、これは血行促進にもつながってくれるのです。
なぜセサミンによって血行が促進してくれるのか、説明していきましょう。

脂肪肝になるメカニズム

肝機能低下の原因のひとつに、脂肪肝があります。これは過酸化脂肪によって、肝細胞が破壊されてしまうことで起きるものです。
脂っこいものを摂取しすぎると、肝臓に脂肪がたまります。
この脂肪が体内の活性酸素と結びつくことによって過酸化脂質になり、肝細胞を破壊して機能を低下させるのが脂肪肝なのです。
お酒が好きな人には脂肪肝が多いといわれていますが、これはアルコールを分解する際に活性酸素が発生し、過酸化脂質が生成されやすいためです。

脂肪肝が動脈硬化を招く

肝機能が低下すると、血中の悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化を招きます。
これが血行悪化につながっているのです。
肝臓では胆汁酸が作られていますが、胆汁酸は悪玉コレステロールが原料になっているのです。
ところが脂肪肝によって肝機能が衰えると胆汁酸の生成量が減少し、悪玉コレステロールが消費されにくくなります。
悪玉コレステロールの使用量の減少によって、血中の悪玉コレステロールの濃度が上がるというわけです。

肝機能アップで血行促進

セサミンには、肝機能をアップさせる働きがあります。
具体的には抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑え、脂肪肝を防止することです。
これによって胆汁酸がちゃんと生成されるようになり、血中の悪玉コレステロール濃度の定価につながってくれます。
また、動脈硬化そのものを防ぐことにも役立ちます。
動脈硬化も脂肪肝と同様、悪玉コレステロールから生成された過酸化脂質によって起こります。
たとえ血中の悪玉コレステロールの濃度が高めでも、セサミンによって活性酸素の働きを抑えられれば、原因となる過酸化脂質の生成を抑えられ、動脈硬化の防止につながるというわけです。

体が冷えるなど、血行が悪化しているなと思ったら、セサミンを摂取してみましょう。血行が多少なりとも改善してくれるかもしれませんよ。

トップに戻る