セサミンの肝臓への働きかけ

セサミンに肝機能をアップさせる働きがあることは分かっていても、どのような仕組みで肝機能をアップさせているかについては、知らない人も多いのではないでしょうか。
セサミンがどのようなメカニズムで肝機能をアップさせているのかについて、説明していきましょう。

肝機能低下の元凶・活性酸素

肝機能の低下にはさまざまな原因がありますが、そのうちのひとつが活性酸素と呼ばれる物質です。
活性酸素は体内に入ってきた病原菌を退治してくれるなど、免疫力をアップさせてくれる働きがあります。
ただ、増えすぎると正常な細胞を酸化させ、劣化させてしまう困りものでもあるのです。
これは肝細胞についても同じで、活性酸素によって肝細胞が酸化させられると、機能低下が起きるというわけです。
また、活性酸素は脂肪肝の原因にもなっています。脂肪肝は肝臓に脂肪がたまるだけでは起こりません。
脂肪分が活性酸素によって過酸化脂質となり、肝細胞が破壊されることで起きるのです。
お酒が好きな人が肝炎になったり脂肪肝になったりすることが多いのは、アルコールが分解される際に活性酸素が発生するためなのです。

セサミンの抗酸化作用で肝機能アップ

セサミンには、この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
活性酸素の働きを抑えられれば肝細胞が劣化することもなくなりますし、脂肪肝の原因である過酸化脂質の生成量も減らせます。
これによって、肝細胞の破壊を防ぐことができるのです。
あとは、肝臓の再生能力に期待しましょう。
そもそも肝臓は、手術で半分を切り取っても元通りになってくれるほど、再生力の強い臓器なのです。
セサミンによって肝細胞の破壊を食い止められれば、再生力が上回るようになり、肝機能が徐々に回復していくというわけです。

セサミンの抗酸化作用は、上述のような形で肝機能アップに貢献しているのです。
お酒などで肝機能が低下しているなと思ったら、セサミンで肝機能を回復を助けていきましょう。

トップに戻る