アセトアルデヒドへのセサミンの働きかけ

アセトアルデヒドという物質については、聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。
実はアセトアルデヒドはお酒の分解過程で生じる物質で、二日酔いの原因でもあります。
セサミンは、このアセトアルデヒドに働きかけることで、二日酔い防止に役立っているのです。

アセトアルデヒドとはどういうものなのか

お酒に含まれているアルコールは肝臓で分解されます。
まずアルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに分解され、次にアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって酢酸になり、最終的には水と二酸化炭素になります。
アルコールを適度に摂取している状態だと、ALDHがちゃんと働いていますので、アセトアルデヒドが体内に回ることはありません。
ところが、お酒を飲み過ぎるとALDHの働きが間に合わなくなり、アセトアルデヒドが体内に回ってしまいます。
これがお酒に酔ったり、二日酔いになってしまったりする原因なのです。
脂肪肝などによって肝機能が低下すると、ALDHが十分に機能を発揮することができなくなり、お酒に弱くなってしまうというわけです。

セサミンとアセトアルデヒドの関係

肝機能低下の原因のひとつは、活性酸素です。
活性酸素そのものと、活性酸素と脂肪分によって生成される過酸化脂質が、肝細胞を破壊することで機能が低下するのです。
セサミンには、この活性酸素の働きを抑える効果があります。
これによって肝細胞の破壊を抑えることで、肝機能をアップさせてくれるのです。
肝機能がアップすればALDHは十分に機能を発揮することができるようになりますので、アセトアルデヒドが体内に回りにくくなってくれます。
これによって簡単にお酒に酔ってしまったり、二日酔いになりやすくなってしまったりするのを防げるのです。

セサミンによって肝機能をアップすることが、アセトアルデヒドの分解促進につながっているというわけです。
ただ、もともとお酒が弱い人は先天的にALDHの働きが弱いので、そういう場合はセサミンを摂取してもアセトアルデヒドの分解促進は無理です。
注意しておきましょう。

トップに戻る