セサミンのデトックス効果

デトックスとは「解毒」という意味で、体内の毒素を排出することです。
セサミンには、デトックス効果を高めてくれる働きもあります。
いったいどのようなメカニズムで、デトックス効果を高めてくれているのでしょうか。

デトックスに欠かせない肝臓

実は体内の毒素を分解してくれるのは、肝臓の働きによるものなのです。
体内に取り入れられる成分は、必ずしも体に良いものばかりではありません。
また、アルコールの分解過程でアセトアルデヒドが生成されるように、体内で毒素が生成されてしまうこともあります。
肝臓はこうした毒素を分解して無害化し、体外への排出を促す働きを持っているのです。

ところが、脂肪肝などによって肝機能が低下すると、デトックス機能もダウンしてしまいます。
これによって体内に毒素がたまりやすくなり、さまざまな不具合が生じやすくなってくるのです。

セサミンで肝機能をアップ!

セサミンには、肝機能をアップさせる効果があります。
もっと具体的に書くと、セサミンの抗酸化作用によって肝細胞の破壊を防ぎ、肝機能の回復を助ける効果です。
脂肪肝は単に肝臓に脂肪が蓄積されることによって起きるわけではありません。
脂肪が活性酸素と結びついて過酸化脂質となり、肝細胞を破壊していくことで起きるのです。
お酒が好きな人が脂肪肝になりやすいとされているのは、アルコールを分解する過程で活性酸素が発生するためです。
セサミンの抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑えるものです。
活性酸素の働きを抑えられれば過酸化脂質が生成されにくくなり、肝細胞の破壊を防止できます。
あとは肝臓の高い再生力によって、肝機能が元に戻るのを待ちましょう。
肝機能が回復すれば、デトックス機能も高まってくれます。

セサミンのデトックス効果は、肝機能のアップによってもたらされるものなのです。
体調がもうひとつというときには、セサミンの摂取で肝機能をアップさせ、デトックス機能を高めてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る