セサミンとビタミンEを同時に摂取するのは正解?

セサミンのサプリメントには他の成分が含まれている製品も多いですが、そのうちのひとつがビタミンEです。
サプリによってセサミンとビタミンEを同時に摂取するのは、正解なのでしょうか。

抗酸化作用の相乗効果が期待できる

セサミンとビタミンEは、ともに活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてくれます。
ただ、セサミンとビタミンEでは、抗酸化作用を発揮してくれる場所が違っているのです。
セサミンは主に肝臓で効果を発揮します。
活性酸素は肝細胞を破壊したり、脂肪肝の原因である過酸化脂質を生成したりすることで肝機能を低下させ、血中のLDLコレステロール値を上げる原因となります。
セサミンによって肝機能をアップさせることで、血中のLDLコレステロール値を下げることができます。
これに対してビタミンEは、血管などで効果を発揮します。
血中のLDLコレステロールは活性酸素と結び付いて過酸化脂質となることで、動脈硬化を招きます。
ビタミンEの抗酸化作用によって過酸化脂質の生成を防げれば、動脈硬化の予防に役立ってくれるというわけです。

セサミンとビタミンEを同時摂取することで、抗酸化作用の相乗効果が望めます。
一緒に摂取すべき成分だと言っていいでしょう。

トップに戻る