セサミンとビタミンEの相乗効果

セサミンのサプリメントには、ビタミンEが配合されているものが多くなっています。
なぜこうした製品が販売されているのかというと、セサミンとビタミンEの相乗効果が期待できるからです。

どちらも脂溶性で抗酸化作用がある

セサミンとビタミンEには2つの共通点があります。
脂溶性であることと、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用を持っていることです。
活性酸素は病原菌を退治して免疫力をアップさせる働きがありますが、増えすぎると正常な細胞を酸化させ、機能低下の原因となってしまいます。
セサミンとビタミンEを一緒に摂取することで、より強い抗酸化作用を得ることができます。
また、後述するように抗酸化作用が最も必要となるのは肝臓です。
ポリフェノールやビタミンCのような水溶性の抗酸化成分は、うまく肝臓まで届いてくれない可能性があります。
その点、脂溶性のセサミンとビタミンEはちゃんと肝臓まで届いてくれるため、肝臓での相乗効果が望めます。

相乗効果で脂肪肝を防ぐ

セサミンとビタミンEの相乗効果によって防ぐことのできる疾患のひとつに、脂肪肝があります。
脂肪肝は単に脂肪分の摂取過剰が原因で起きるわけではありません。
脂肪分が活性酸素と結びついて過酸化脂肪になることで、肝細胞を破壊してしまうことが原因なのです。
お酒が好きな人に脂肪肝が多いのは、アルコール分解の際に活性酸素が多く発生してしまうためです。
上述のようにセサミンとビタミンEは脂溶性なので、肝臓で抗酸化作用を発揮することができます。
相乗効果によって活性酸素の働きを抑えることができれば、過酸化脂肪の生成を抑制し、脂肪肝の防止につながってくれるというわけです。

注意してほしいのは、セサミンとビタミンEは脂肪肝を防ぐことはできますが、脂肪肝によって破壊された肝細胞を再生させる働きはないということです。
すでに肝細胞の破壊が進んでいるようなケースでは、肝細胞を再生させる成分を含むプラセンタなどを併用するといいでしょう。

トップに戻る