セサミンと「アスタキサンチン」の相乗効果

ゴマの抽出物であるセサミンと、鮭から摂取することのできるアスタキサンチンは、ともに活性酸素の働きを抑える抗酸化物質です。
2つを同時摂取することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

セサミンは肝臓で抗酸化作用を発揮

セサミンとアスタキサンチンの同時摂取は、動脈硬化の予防に役立ってくれます。
脂肪肝などによる肝機能のダウンは、血中のLDLコレステロール値の上昇につながります。
肝臓では脂肪の吸収を助ける胆汁酸が生成されていますが、胆汁酸の原料のひとつはLDLコレステロールなのです。
肝機能が活発ならLDLコレステロールが消費されて血中値が下がりますが、肝機能が低下すると胆汁酸の生成量が減少して血中のLDLコレステロール値の上昇につながります。
セサミンは肝臓で抗酸化作用を発揮することで、活性酸素による幹細胞の破壊や、脂肪肝の原因である過酸化脂質の生成を防ぎます。
これによって肝機能をアップさせ、胆汁酸の生成を促して血中のLDLコレステロール値を下げてくれます。

アスタキサンチンは血管で抗酸化作用を発揮

これに対して、アスタキサンチンの抗酸化作用は血管で発揮されます。
実は血中のLDLコレステロール値が高いだけでは動脈硬化になりません。
活性酸素によってLDLコレステロールが変質することが原因なのです。
アスタキサンチンの抗酸化作用によって活性酸素の働きを抑えられれば、たとえ血中のLDLコレステロール値が高くても血管内壁が狭くなりにくくなり、動脈硬化の防止につながってくれます。
そして、セサミンと一緒に摂取することで、そもそも血中のLDLコレステロール値は低下していますので、なおさら動脈硬化を発症しにくくなっているというわけです。

まずセサミンによってLDLコレステロールの血中値を下げ、アスタキサンチンによって変質を防ぐことで、動脈硬化を防止しているのです。
脂っこいものを食べる機会が多い人は、動脈硬化防止のためにセサミンとアスタキサンチンを併用してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る