セサミンで疲労回復

最近疲労が抜けないと感じている人に、朗報があります。
セサミンを摂取することで、疲れから回復することができるかもしれないのです。
なぜセサミンに疲労回復効果があるのでしょうか。

肝臓と疲労との関係

疲労が抜けない原因のひとつに、肝機能が低下していることが考えられます。
体内に有害な物質がたまっていると、疲れを感じます。
この有害な物質の解毒作用を持っているのが肝臓です。
肝臓が活発に働いている状態ならば毒素がちゃんと分解されますので、疲労が抜けやすいのです。
何らかの原因によって肝機能が低下すると、毒素の分解がうまく行われなくなり、疲れが抜けにくくなってしまうというわけです。

肝機能低下の原因のひとつに、脂肪肝があります。
肝臓の脂肪分が活性酸素と結びついて過酸化脂肪となり、肝細胞を破壊してしまうことで起きる疾患です。
お酒が好きな人に多いといわれていますが、これは肝臓でアルコールが分解されるときに活性酸素が発生するためです。

セサミンは肝機能を整えてくれる

セサミンには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、これが疲労回復に役立ってくれるのです。
上述のように、脂肪肝は脂肪分の摂取過剰だけによって起こるものではなく、活性酸素の働きが関係しています。
セサミンによって活性酸素の働きを抑えれば、肝細胞を破壊する過酸化脂肪の生成量が減少し、脂肪肝対策になります。
これによって徐々に肝機能を回復していき、毒素がちゃんと分解されるようになって、徐々に疲労が回復していくというわけです。
同じ抗酸化物質でも、ビタミンCをはじめとする水溶性のものは肝臓に届きにくいとされています。
セサミンは肝臓に届きやすい脂溶性のうえ、肝臓で抗酸化物質に変わるという特性を持っていますので、肝機能回復に特化しているといえるのです。

疲労と肝臓とは、実は密接な関係があったのです。
セサミンの抗酸化作用によって肝機能を整えることができれば、慢性的な疲れも徐々に抜けていくようになるかもしれませんね。

トップに戻る