セサミンで更年期障害を軽減

更年期障害とは女性ホルモンの分泌量が不足することが原因で起きる疾患で、40代後半から50代前半に発症するとされています。
セサミンには、更年期障害の症状を緩和する効果もあります。
どのようなメカニズムで、セサミンが更年期障害の緩和に役立ってくれるのでしょうか。

更年期障害が起きるメカニズム

40代後半になると、卵巣の機能はかなり低下しています。
このため、女性ホルモンの分泌量がかなり減少し、血中の女性ホルモン濃度が低下してしまいます。
これが更年期障害の原因です。
もちろん、このままでは体にいろいろな不具合が起きますので、脳の視床下部は卵巣に対して「女性ホルモンを分泌しろ」という命令を出します。
ところが、肝心の卵巣の機能が低下しているので「笛吹けど踊らず」状態になります。
それでも視床下部は何度も命令を出しますが、そうこうしているうちに視床下部が疲労困憊してしまいます。
視床下部はホルモンバランスだけでなく、自律神経のバランスを保つ効果もあります。
視床下部が疲労することで自律神経のバランスが崩れ、これも心身の不調を招く原因となります。

女性ホルモンの働きを助けるセサミン

セサミンはゴマに含まれているゴマリグナンの一種ですが、ゴマリグナンは女性ホルモンに似た働きをしてくれることが分かっています。
セサミンを摂取することは、体内の女性ホルモンを増やすのに似た効果につながってくれるのです。
セサミンの摂取によって女性ホルモンの働きが強くなれば、女性ホルモンの不足による不具合をある程度緩和することができます。
また、視床下部が「女性ホルモンを出せ」という命令を出すことも少なくなりますので、視床下部の疲労回復につながり、自律神経のバランスも徐々に整えられていくのです。

更年期障害は加齢が原因なので、ある程度は避けられないものです。
40代後半になって体の不調を感じたならば、セサミンを摂取して体調を整えるようにしてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る