セサミンで育毛の悩み解決?

AGA(男性型脱毛症)をはじめとする薄毛の悩みの解決には、さまざまな成分が効果を発揮するといわれています。
セサミンもそうした成分のひとつなのですが、どのような形で薄毛対策に役立ってくれるのでしょうか。

女性ホルモンに似た効果を発揮!

セサミンはゴマに含まれるゴマリグナンの一種です。
ゴマリグナンは女性ホルモンに似た働きをするため、頭髪の成長力アップが期待できます。
女性ホルモンは頭部において、IGF(インスリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成を促します。
IGF-1は毛母細胞の分裂を促し、頭髪の成長力をアップさせます。
女性は男性と比べて頭髪が伸びやすいとされていますが、このIGF-1の働きによるものと考えていいでしょう。
セサミンの摂取によって体内の女性ホルモンの量を増やすのと似たような状態になり、IGF-1の生成量が増加します。
AGAを発症している人は毛母細胞の活力が低下していますので、IGF-1によって毛母細胞に活を与えることが、症状の進行抑制につながる可能性があるのです。

血行促進で頭髪の成長力をアップ!

薄毛の原因はAGAだけではありません。頭皮の血流悪化も原因となります。
頭髪に必要な栄養分は頭皮で取り入れられるわけではなく、消化器で取り入れられたものが血液によって頭皮まで運ばれてくるのです。
血流悪化は栄養分の不足を招き、頭髪の成長力をダウンさせる原因となります。
血流悪化の原因のひとつは、血中のLDLコレステロールの増加による動脈硬化です。
セサミンは肝機能をアップさせることで、血中のLDLコレステロール値を下げてくれる効果があります。
肝機能をアップさせれば胆汁酸の生成が盛んになり、原料であるLDLコレステロールの消費量が増えるためです。
これによって動脈硬化を防止し、血流悪化を防いでくれるのです。

毛母細胞の活性化と血流促進の2つが、セサミンの育毛効果なのです。
薄毛が目立ってきたなと思ったら、育毛対策としてセサミンを摂取してみるのもいいのではないでしょうか。

トップに戻る