セサミンでシミが治る?

紫外線の浴びすぎなどによって生じるシミは、美白の大敵です。
シミを作らないようにするために、日焼け止めなどを塗布している人も多いでしょう。
ゴマ抽出物の一種であるセサミンには、シミを治すのに役立ちそうな働きがあるのです。

シミができるメカニズム

そもそも、なぜシミができてしまうのかというと、何らかの理由によってメラニン色素の排出がうまくいかなくなってしまうからなのです。
メラニン色素は、体内の活性酸素によるダメージを和らげる働きを持っています。
活性酸素は病原菌を退治してくれる一方で、正常な細胞を酸化させるという困った一面を持っています。
紫外線の照射や炎症による肌への刺激は、活性酸素生成の原因です。
日焼けは、紫外線によって生成された活性酸素のダメージを抑えるために、メラニン色素が生成された結果なのです。
メラニン色素は本来、肌のターンオーバーによって排出されます。
秋から冬になると、日焼けした肌が元通りになるのはこのためです。
ところが、活性酸素が大量に発生すると、メラニン色素が多すぎて排出が間に合わなくなり、皮膚に沈着してしまいます。
寝不足などによってターンオーバーがうまくいかくなっても、似たようなことが起こります。
これがシミのできるメカニズムです。

セサミンの抗酸化作用とは?

セサミンには抗酸化作用があり、メラニン色素の生成抑制に役立ってくれるのです。
抗酸化作用とは活性酸素の働きを抑えることで、細胞の酸化防止につながってくれます。
活性酸素による細胞へのダメージをあらかじめ抑えることができれば、メラニン色素の生成量は減少します。
シミができてしまうのは、メラニン色素が多すぎることが原因なので、生成量自体を抑えればシミができにくくなってくれるというわけです。
また、セサミンには肝機能を高めてくれる働きもあります。
肝機能がアップすれば新陳代謝が活発になり、メラニン色素の排出に必要なターンオーバーもちゃんと行われるようになります。
これによってメラニン色素の排出を促せば、すでにできているシミが治ることも期待できるのです。

トップに戻る