セサミンでうつ解消

セサミンによる肝機能改善は、体にさまざまな良い効果をもたらします。
うつ解消も良い効果のうちのひとつです。セサミンはどのようにして、うつ解消に役立っているのでしょうか。

アンモニアがうつ病の引き金に

うつ状態にはさまざまな原因がありますが、肝臓の不調で起きる肝性脳症の初期症状としてうつ状態になることがあります。
体内で発生する毒素は肝臓で分解されて、無害な物質になります。腸内の悪玉菌によって作り出されるアンモニアも、そうした毒素のうちのひとつです。
肝機能が活発で、アンモニアがしっかり分解されているうちは大きな問題は起こりません。
問題は、脂肪肝などによって肝機能が低下し、アンモニアの分解能力が落ちてしまったときです。
毒素であるアンモニアの血中濃度が上がった結果、肝性脳症を発症し、初期症状としてうつ状態になることがあるのです。
仮に肝性脳症そのものが治癒しても、本当のうつ病になってしまうケースもあるので厄介です。

セサミンの肝機能アップでうつ解消!

本物のうつ病になるのを防ぐためには、肝性脳症の初期で症状を改善させる必要があります。
セサミンの肝機能アップ効果は、症状改善に役立つ可能性があるのです。
セサミンには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
活性酸素は肝細胞を傷つけ、肝機能低下の原因となります。
また、肝臓内の脂肪分を変質させ、脂肪肝の原因である過酸化脂質を生成する働きも持っています。
セサミンによって活性酸素の働きを抑えることで、肝細胞の破壊と過酸化脂質の生成の2つを防ぐことができるのですから「一石二鳥」といったところです。

あとは、肝臓の高い再生力に期待しましょう。
肝臓は半分を切り取っても元通りになってくれるくらい、再生力の強い臓器です。
セサミンによって肝細胞の破壊を抑えれば、あとは再生力によって徐々に肝機能がアップしていきます。

肝機能が精神状態にまで影響を与えているというのは、ちょっと驚きかもしれませんね。
気分がすぐれないと思ったら、セサミンを摂取すると効果が出るかもしれませんよ。

トップに戻る