セサミンでアルコール代謝を促進

会社に新人が入ってくるシーズンになると、歓迎会などでお酒を飲む機会が増えます。
アルコール代謝が低下していると、二日酔いなどで体調に悪影響が出てしまう可能性があります。
そんな問題を解決してくれそうなのが、セサミンなのです。

アルコールが分解される仕組みとは?

アルコールの分解は肝臓で行われていますが、このときにADH(アルコール脱水素酵素)やALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)をはじめとする酵素の働きが必要です。
ADHによってアルコールをアセトアルデヒドに分解したうえで、ALDHによってアセトアルデヒドを酢酸に分解し、最終的には水と二酸化炭素にするのです。
ところが脂肪肝などによって肝機能が低下すると、ADHやALHDが十分に働いてくれなくなります。
特にALDHの働きが低下すると、毒素であるアセトアルデヒドが体内に回って体調がおかしくなります。
これが二日酔いと呼ばれるものです。

セサミンでアルコール分解力アップ!

ある酒造メーカーの実験では、セサミンはADHやALDHの働きを高めてくれることが分かっています。
セサミン摂取によってADHの働きが最大1.68倍、ALDHの働きが最大3.41倍になるのです。
これならばアルコールの分解もスムーズにいくようになり、代謝アップにつながってくれるでしょう。
また、セサミンには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、肝細胞の破壊を防いでくれます。
活性酸素には肝細胞をはじめとする体内の健康な細胞を傷つけてしまう働きがあります。
また、活性酸素は肝臓内の脂肪分を過酸化脂質に変質させ、脂肪肝の原因を作ってしまいます。
セサミンの抗酸化作用は活性酸素によって肝細胞の損傷を抑えると同時に、過酸化脂質の生成を防いで脂肪肝を予防するのです。
これによって肝機能がアップし、ADHやALDHが働きやすい環境を作ってくれるのです。

注意してほしいのは、先天的にお酒に弱い人はそもそもALDHが少ないため、セサミンの働きも限定的になるということです。
セサミンの効果は大したものですが、お酒は体質に合わせた飲み方をするのが一番です。

トップに戻る