セサミンでγ-GTPを下げる

肝機能が悪化しているときには、血中のγ-GTPの数値が上がることはよく知られています。
脂肪肝や肝炎などの疾患があるときは、必ずこの数値が上昇します。
いずれにしても健康状態が悪化しているわけですが、セサミンはこのγ-GTPを下げてくれることが期待できるのです。

γ-GTPの値が上昇するメカニズム

γ-GTPは本来、肝細胞に含まれている酵素の一種です。
本来は血中に流出するようなものではないのですが、何らかの理由によって肝細胞が破壊されると、この酵素が血中に流出し、数値が上がるのです。
たとえば肝炎を発症している際には炎症によって肝細胞が破壊されていますので、γ-GTPが血中に流出して数値が上がります。
過酸化脂質によって肝細胞が破壊される脂肪肝についても同様です。
また、アルコールを摂取するとγ-GTPの数値が上昇することがあります。
これは肝臓でアルコールが分解される際に生成された活性酸素によって、肝細胞が破壊されてしまうためです。

肝細胞の破壊を防ぐセサミン

セサミンには、この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
抗酸化作用によって肝細胞の破壊を防ぐことで、γ-GTPが血中に流出することがなくなり、数値が下がるというわけです。
また、セサミンはγ-GTPの数値を上げる脂肪肝の防止にも役立ってくれます。
肝細胞を破壊するのはただの脂肪ではなく、過酸化脂質と呼ばれるものです。
過酸化脂質が生成されるためには、活性酸素の働きが必要なのです。
セサミンによって活性酸素の働きを抑え、過酸化脂質の生成を防ぐことができれば、肝細胞が破壊されることはなくなります。
これによってγ-GTPの血中流出量も減少し、数値が下がってくれるというわです。

セサミンは活性酸素の働きや過酸化脂質の生成を抑え、肝細胞の破壊を防ぐことでγ-GTPの数値を下げているのです。
肝細胞の破壊を抑えられれば、自然治癒力によって肝機能をアップさせることも可能です。
健康診断でγ-GTPの数値が高いことが分かったら、セサミンの摂取を考えてみましょう。

トップに戻る