セサミンでLDLコレステロール値を下げる

LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」とも呼ばれ、血中のLDLコレステロール値が上がりすぎると動脈硬化の原因となるなど体に悪影響を与えます。
セサミンの働きには、血中のLDLコレステロール値を下げてくれるというものもあるのです。

肝機能の低下がLDLコレステロール値の上昇につながる

LDLコレステロール値の上昇の原因には、動物性脂肪の摂取過剰などさまざまな原因がありますが、肝機能の低下もLDLコレステロール値上昇の原因となります。
肝臓では脂肪の吸収を助ける働きのある胆汁酸が生成されていますが、胆汁酸の原料はLDLコレステロールなのです。
肝機能がちゃんとしている状態だと胆汁酸の生成が活発なので、LDLコレステロールが消費され、血中の値が低下してくれます。
ところが、脂肪肝や肝炎などによって肝機能が低下すると、胆汁酸の生成量も減少します。
これによってLDLコレステロールの消費量が落ち、血中値の上昇につながってしまうというわけです。

セサミンが肝機能を整えてくれる

セサミンは肝機能を整えてくれる効果があり、これによって胆汁酸の生成を促し、血中のLDLコレステロー値を下げるのに役立ってくれるのです。
セサミンには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
活性酸素は肝細胞を破壊する困りものです。
また、肝臓内部の脂肪分と結びついて過酸化脂質を生成し、脂肪肝の原因を作ってしまいます。
セサミンによって活性酸素の働きを抑えることで、肝細胞の破壊も過酸化脂質の生成も防ぐことができます。
あとは肝臓の高い再生能力によって肝機能のアップを待ちましょう。
胆汁酸の生成が増えてくれば、血中のLDLコレステロール値も下がってくれるはずです。

ポリフェノールやビタミンCなど、水溶性の抗酸化物質は肝臓に届きにくいという欠点があります。
セサミンは脂溶性なので肝臓まで届きやすく、肝機能アップに役立ってくれます。
セサミンは肝臓のためにある抗酸化物質と言っても過言ではないでしょう。

トップに戻る