30代からの体質変化にも効果的なセサミン

30代に入ってから疲れを感じやすくなったなど、体質変化を感じている人は意外と多いのではないでしょうか。
体質変化には酵素の働きの低下が関係していますが、セサミンは30代からの体質変化を抑える効果が期待できるのです。

体質変化の原因は酵素と活性酸素

体内には活性酸素という物質があります。
病原菌を退治して免疫力を高める一方で、正常な細胞を傷つけるという困った働きも持っています。
このため、体内にはSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)をはじめとする活性酸素分解酵素が存在しています。
30代に入ると、活性酸素分解酵素の働きは徐々に衰えていきます。
分解酵素の働きが衰えることで活性酸素が増加し、体に悪影響を与えてしまうのが体質変化の原因なのです。

例えば、活性酸素は細胞において、エネルギー生成にかかわっているミトコンドリアの働きを阻害します。
ミトコンドリアの機能が低下すればエネルギー生成量が落ち、体がスムーズに動かなくなって疲れを感じやすくなるといった具合です。

セサミンの肝機能アップ効果とは?

活性酸素分解酵素の多くは、肝機能がアップすれば働きが活発になります。
肝機能アップを助けてくれるのが、セサミンなのです。
セサミンには抗酸化作用があり、活性酸素による肝細胞の破壊を防止します。
また、脂肪肝の原因物質である過酸化脂質の生成を抑え、肝機能の低下を防いでくれます。
肝機能の低下を防げれば、あとは肝臓の高い再生力に期待しましょう。
よほどひどい状態になっていない限り、肝細胞が再生されて、徐々に肝機能がアップしていくでしょう。
肝機能がアップすれば、活性酸素分解酵素の働きも盛んになり、体内の活性酸素が分解されて減少していきます。
活性酸素が減少した結果、30代からの体質変化を多少なりとも抑えられるというわけです。

肝機能のアップは、30代においても効果的なのです。
まだ早いと思えるような時期からセサミンを摂取し、アンチエイジングに努めていきましょう。

トップに戻る